子持ち海葱

コモチカイソウの花が咲いています。
径2㎝ほどの小さな花ですが穂状に次々と咲き上り、半年以上咲き続けます。
名前の由来は地上部分が玉ねぎの様で、鱗片部分で子球を作る為です。

Ornithogalum unifolium caudatum
ユリ科 オーニソガラム(オオアマナ)属   常緑多年草
花茎 150㎝程
花期 5月~11月
別名 オーニソガラム・コーダツム、偽海葱、子持蘭

20150705 008


根元部分の様子です、玉ねぎのようです、球根の外皮一枚中に緑色に子球が見えます。
手前にあるのは薄皮がはがれて落ちた子球です、これを植えて置くと5年ほどで親球の様になります。

20150705 007
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Cactu

Author:Cactu
Cactuと植物ブログへようこそ。
園芸植物を中心に色々な出来事を、記していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR